ウチの日当たりいいかもしんない!

晴れた日には太陽の恵みを、雨や風の日には安らかな眠りを 暑い日には木陰の爽やかさを、寒い日には真綿のぬくもりを 笑って過ごしたい夏見工務店の社長のブログ

カテゴリ:日々是勉強

画像2
前にもご紹介しましたが、私たちは断熱改修の一つの方法として、ゾーン断熱を勧めています。
住まいの機能をもう一度見直して住まいの中を組み立て直そう!という考えです。

しかしそれ以外に住まいを「小さく」する方法はないのでしょうか?

住まいをもっと離れて見るとよくわかります。若い夫婦は家族も増え、成長するまでにたくさんの場所を使います。家族のものを分けておくスペースから、プライベートな部屋まで。日本の場合はそこが住宅の大きな購買理由だったりします。

子育てを終え、夫婦二人になった住まい手は今度はコンパクトな生活を望みます。手の届く範囲にあらゆるものを配し、高すぎるのや低すぎる場所を使わず段差のない生活をしていくようになります。

つまり一軒家暮らしと駅前賃貸のような暮らしがどこかで入れ替わるタイミングがあるのです。住宅は次の世代に引き継がれ、また使われていく、利便性の高い負担の小さな集合住宅や賃貸住宅は高齢者や住まいをコンパクトにする人たちによってこれもまた引き継がれていくというわけです。

全ての住まい手がこの考えに同調してもらえるわけではないでしょうが、住宅を紡ぐことが必ずしも家族の使命ではないということも、一つの考えにしてはどうでしょうか?

ゾーン断熱は住まいを器として考えるだけでなく、地域の人間関係、そこに住まう必然性、家族との深い愛などから、実際の生活には全く合わなくなった住まいをどうしたら安全に快適に出来るのかを追求した結果、今の住まいの機能を集約し、家の中に小さな家を作ることでコストを小さくしながら、条件を整えて行くことを考えていきます。

そうして出来上がったお家は小さくまとまりながら快適な生活ができます。そのためのコストは綺麗にするだけのリノベーションよりはやはりお金がかかります。しかしいつもの笑顔、いつもの日差し、いつもの風邪を感じながら今までの住まい方を大きく変えず、身も守る場所作りができます。

自宅を改修される時、一度考えて見てください。たくさんの選択肢をしっかり吟味して、最良の答えを出してもらえたら、と思います。そのお手伝いが出来たら本当に嬉しいですね。

温熱をつき詰めていくといくつかの問題に当たります。
どうしたって!とあきらめるのもいいのですが
何とかして解決したいものです。

断熱を単純に考えていくと、一筆書きになりますね。
どこで一筆にするのか。。。
精いっぱい外側にすることで、中の人だけでなく建物も守れる
そんな答えが出てきます。
最前線で戦うことが求められる外部との境目に
断熱を置くのが一番効果があるのですね

外には誘惑と危険がいっぱい!!
紫外線もあれば雨や風もあります。 
もしかしたら鳥の巣になってしまうかも。
だって断熱材ですから(笑)

こうなったら断熱材も守らなければなりません。
どうやったらそれは守れるのか。。。

シロアリもそうです。
断熱材があるから来るわけではありません。
四方八方から無作為にきて、当たるとグルグル回るか、上に上がります。
その先に木があると、蟻道のホルモンも濃くなって
何度も行き来が行われます。

シロアリは20年以上巣を維持します。
今目の前にいるのは、ほんの少しです。
戦い続けるのは容易ではありません。

一つ一つを注意深く研究して、どういったことが起こり得るのか
シロアリが何を考えているのか。果てしなく考えていきます。

基礎断熱をはじめ、高断熱は自然との共存を目指さないといけないでしょう。
廃棄したあとのリサイクルもそうですね。

こう考えるのは楽しいと思いませんか?
IMG_4164

 

IMG_1035
ゾーン断熱、というものをしています。
数年来、既存のお家をどうしても寒さから逃れたい!という相談が
後を絶ちません。
相談してくださる方は、子供を巣立たせたご両親や、もうおひとりになった方
金銭的に余裕はないけれど、寒さ暑さが染み入るお年頃のお方が圧倒的です。
家族たくさんでワイワイやっていたお家も、一人ずつ巣立っていくにつれ、
一部屋ずつ余っていき、今や二階は都合のいい物置(笑)
盆暮れ正月にはにぎやかになるも
360日は静かな生活だよ、という方がほとんどです。

断熱気密をすることで、冷暖房が効率よくなります。
高断熱高気密になっているお家の、冷暖房の効き方が、緩やかで優しいことを
いまやたくさんの方が体感しています。
温度を急激に動かすのではなく、じっくり小さな変化でいられるようになると
体も警戒を解いてリラックスしてきます。無駄な緊張は肩こりなどの筋肉の緊張をおこし
血流も悪化してしまいます。

では、この二つをどうやって結びつけるとしましょう??

「家の中にもう一軒建てませんか?」
いつもこう話し始めます。

手を余すお家をすべて断熱気密をするのは資金的にも難しく、現実的ではありません。
かといって、お風呂だけ、窓だけ良くするのは
温度差がかえって大きくなるかもしれません。
そこで、まず生活を小さくできるか相談します。
実際の生活をじっくり見るとそんなに大きなエリアが必要なのではなく、
作業すべき場所がまとまってさえいれば、ちっちゃく住めることがわかります。
「食う、寝る、家事する、風呂る、おトイレる」に「しまう」があれば大丈夫。
これをこじんまりまとめたいのです。

小さな住まい方が決まればもう簡単。その範囲を断熱しましょう。
さらに窓はできるだけいいものに。
範囲が小さいので、無垢のフローリング貼ってみたりできるかも。
お家に帰ってきたらそこから出ない。そこに吸い込まれていく。
愛をこめて「断熱ホイホイ」って呼んでます。

住まいを変え、住まいかたも一工夫することで、面白く気持ちのいいお家に
変えられます。

 

IMG_3964
とかく最近は高気密高断熱というキーワードが世間をにぎわしています。
断熱や気密はずっとやっていることで、普通に考えたいものです。
冬の布団の首回りはヒヤッとします。そこでギュッと隙間を埋めます
これ、気密です。
服を重ねて着るとき、寒さを防ぐのに前のジッパーをしめます。 
これも、気密です。
ダウンジャケットを買って着ます
これ断熱です。
実際に体で体感するとよくわかるんですが、建ものの中にいると
何故か混乱しますよね?
そこに「輻射」「対流」が入ってきます。
輻射はある面が持っている暑さ、寒さが伝わってくる、
対流は空気や水の温度差によって軽さ(重さ)が変わり動いてしまう、
そんな現象が起こります。
人が服を着ているときも同じことは起こっているのですが、
ピッタリとしているので限りなく小さくなっていると思います。
人はすごく敏感にこのようなことを感じています。
服やちゃんとした建物がない太古の昔にいかに身を守るのか、という進化を遂げ
特に寒さには敏感になったようですね。

建ものを断熱・気密することで、この感覚を和らげていきます。
つまり本能的に「安心」や「安らぎ」を持つことができるはずです。

ここが重要で、「安心できる」感覚になるまでの環境、が必要なのです。
つまり、何も危ない!と感じない状態が、必要な断熱の量なのです。
しかし、冷房や暖房をしない!という意味ではありません 。
気候が刻々と変化し晴れや雨、風などもあり、
恒温動物の私たちは暖や涼をとらないと体温が維持できません。

壁が冷たく(熱く)ない、対流の小さいお家を作る 。
断熱でそれはかなえられます!!

でも、もっと断熱しないといけないんです。
どうしてなのでしょう??

続く・・・・・
 


IMG_3850
ご近所の古いお家を直させていただくことが多いです 。
滋賀県では紅柄(べにがら)という 柱を赤く塗る真壁の
お家が沢山あります。真壁(柱が内外ともに見えているつくり)は
柱と梁の間に壁を作り、そこに漆喰などの仕上をしています。

また、そういったお家の離れには「藏」があります。
財産を守るために本家とは違うところに建て、まあいわゆる
大きな金庫の様に使われていたようですが、そこは置き屋根といって
まずは土壁と漆喰で屋根も形づくり、その上にわざわざ木組をして
屋根をさらにかけていきます。

今の時代にここまでの仕事をするにはとってもお金がかかります。
それは技術の衰退や人件費など様々な要因がありますが、
私は、住まい手側にも遠からず変化があると思っています。

住宅はどうしても劣化や 汚れが出てしまいます。
いかに日頃気にしておくかが早期発見!のコツです。

つまり、お家にいる時間や向き合う時間が、昔のほうがあったからこそ
こういった高価な仕事を大事にできるのではないか?と思っています。
ワークライフバランスが良かったとも言えますが・・・・

そこにライフのようなワークがあったと思いました。
草を抜く、基礎回りを綺麗にする、外壁の埃を取る、
屋根をじっと見てみる、建具に蝋をぬる、畳を干す、障子を張る・・・
これはDIYでなく、私はライフとすべきかなと思っています

もっと建物や住まいに向かう時間を作るためにワークライフバランスを考えて
みませんか?余暇として旅行や買い物、まったりと過ごすことだけが
ライフではないと言い切りたい(笑)

こだわったお家を長持ちさせたり、より美しくしたり。
家のために休みを過ごす。。。こういう暮らしお勧めしたいです。
まあ、この動きを「勤勉」とほかの国の皆さまが見てるのかも
しれませんね!

バイオマスエネルギーも、窓の開け閉め、日射遮蔽のスクリーンを下げることも
大きなライフのイベントだと思います。生きることを楽しめる幸せ
そこには「足るを知る」ことも必要です。たくさん買うために
収納を大きくしたり、より多く稼いでくる羽目になったり、
どんどんワークの領域が大きくなるのです。

DIYでものつくりするだけが、大きく取沙汰されていますが、そもそも
その棚が必要なの?という観念も必要かと思います。
きれいに掃除するライフから、住まい方を研究してみたいですね!

 

このページのトップヘ