ウチの日当たりいいかもしんない!

晴れた日には太陽の恵みを、雨や風の日には安らかな眠りを 暑い日には木陰の爽やかさを、寒い日には真綿のぬくもりを 笑って過ごしたい夏見工務店の社長のブログ

DSC_0800-s
「箔がつく」ということに、最近はいささかの訝しさを覚えていますが、
混沌とした世の中に、また独り歩きしている気がしませんか?

◯◯基準クリア!◯◯目標達成!!
そんなチラシを沢山見ますね。最近。
◯◯にはみなさんご承知のアレが入りますが(笑)

何かの基準というのは誰かのために決められるのだと思います。
やっぱり、僕達だったら「パッシブハウス基準」でしょう!!
年間暖房負荷がお題にある、15Kwh/㎡・年をクリアして、
その他にもいろんな「基準」をクリアして基準クリア→認定!やった~~~
となります。

さて、誰が喜んでるのでしょう???
申請者?施工者?認定者?設計者?許可者?

パッシブハウス基準をクリアする意味なんて無いと思います。
ただ単にクリアするなんて、意味がないと思います。
一つの基準のクリアなんて意味がないのです。

予算・敷地・人生・技術・アイデアを振り絞って、
ベストを尽くす計画。一生懸命な施工。知ろうとする生きる力。

そういった渾然一体となった人間が人間のための器作り。
その過程のものさしの一つなのだと思います。

今持てる予算でみんなが誠意いっぱいやって、計算いっぱいして、汗だくになって、
もし
気づいたら、パッシブハウス基準に到達していたら、正しく努力できた証でしょ?
じゃー、申請してみない?認定してもらって見ようよ!ご褒美だよ!

15Kwh/㎡・年
ここだけでも適当な考えではまず不可能です。
何も考えずにプランすると到達出来ません。設備や断熱やあれやこれやしても・・・
冷房OK暖房NG→なんか色々してみる→逆になってしまう→恐ろしくコストUP→無限ループ(笑)

計画段階から、「絶対基準を超えてやる!」気合と、自然に逆らわない生き方までも学ぶ姿勢
そして愚直なまでの施工や配慮。そうやって何とか届く。
絶妙なトコロなんです。ドイツ人すげぇ。

パッシブハウスジャパンの会員の社員さんとの今日の会話です。
なんだか元気の出る楽しい時間でした!


DSCN7390
建もの燃費ナビと資料とカメラを持って、とあるところで勉強して来ました。
自然あふれる敷地に、科学的、理論的に考察された木の家。
沢山の刺激と気付きを頂きました。ありがとう御座います。

実際、ここまでの考慮されている計算に向き合って、
意見交換ができたのは、非常に楽しかったし、
同じ志の気持ちに触れて感動しました。

商売であるために、人は、いろいろな立場にあります。
生きる上で、何かの上に立たないといけなかったり、
ある属性にあるために、沢山の理屈で自分と向き合ったり、

でも、やっぱり人は人にとって必要とされるように生きていくんだなぁと
感じました。

もっと周りから見てみたら、少し滑稽なのかも知れない、
もっと離れてみたら、モゾモゾと動いているだけかも知れない、
もっと、もっともっと離れてみると、動いてないかも知れない。。。

でも、毎日のミリ単位の積み重ねなんだなぁと、
動かないのは絶対だめなんだなぁと、
ホントに心に刻む一日でした。

0.5ミリも動いてないのかもだけど、毎日動こうと思います。


写真
今日はパッシブハウス・ジャパンの3周年記念大会でした。
飯田哲也さんの基調講演に始まり、営業・外皮・設備セッション討論会
そこから怒涛の3次会までとてつもなく濃い一日でした。

自分より優秀な人達の時間はとんでもなく刺激的で、
とんでもなくエキサイティングです。
脳みそがパンクしそうなホテルからブログを書いています。

興奮冷めやらぬですが、表題に意味はなんだと思いますか?
森みわさん曰く「みんな!パッシブってる???」ってニュアンスだそうです。
120名の会員はほうぼうの立場からみんなでパッシブってる感がひしひしでした。

パッシブハウスが全てじゃない、中にいる人に対して何ができるかが大切

そんな合言葉が飛び交う中、ドーパミンの出まくる楽しい会でした。
これだからやめられないのだと思ったりしています。

僕がパッシブにハマった理由。ちょっとずつ話して行きたいと思います。
乞うご期待!!

さて今日は金曜日。
なんで更新?????

金曜日もやっちゃいます!!!

このページのトップヘ