ウチの日当たりいいかもしんない!

晴れた日には太陽の恵みを、雨や風の日には安らかな眠りを 暑い日には木陰の爽やかさを、寒い日には真綿のぬくもりを 笑って過ごしたい夏見工務店の社長のブログ

画像2
前にもご紹介しましたが、私たちは断熱改修の一つの方法として、ゾーン断熱を勧めています。
住まいの機能をもう一度見直して住まいの中を組み立て直そう!という考えです。

しかしそれ以外に住まいを「小さく」する方法はないのでしょうか?

住まいをもっと離れて見るとよくわかります。若い夫婦は家族も増え、成長するまでにたくさんの場所を使います。家族のものを分けておくスペースから、プライベートな部屋まで。日本の場合はそこが住宅の大きな購買理由だったりします。

子育てを終え、夫婦二人になった住まい手は今度はコンパクトな生活を望みます。手の届く範囲にあらゆるものを配し、高すぎるのや低すぎる場所を使わず段差のない生活をしていくようになります。

つまり一軒家暮らしと駅前賃貸のような暮らしがどこかで入れ替わるタイミングがあるのです。住宅は次の世代に引き継がれ、また使われていく、利便性の高い負担の小さな集合住宅や賃貸住宅は高齢者や住まいをコンパクトにする人たちによってこれもまた引き継がれていくというわけです。

全ての住まい手がこの考えに同調してもらえるわけではないでしょうが、住宅を紡ぐことが必ずしも家族の使命ではないということも、一つの考えにしてはどうでしょうか?

ゾーン断熱は住まいを器として考えるだけでなく、地域の人間関係、そこに住まう必然性、家族との深い愛などから、実際の生活には全く合わなくなった住まいをどうしたら安全に快適に出来るのかを追求した結果、今の住まいの機能を集約し、家の中に小さな家を作ることでコストを小さくしながら、条件を整えて行くことを考えていきます。

そうして出来上がったお家は小さくまとまりながら快適な生活ができます。そのためのコストは綺麗にするだけのリノベーションよりはやはりお金がかかります。しかしいつもの笑顔、いつもの日差し、いつもの風邪を感じながら今までの住まい方を大きく変えず、身も守る場所作りができます。

自宅を改修される時、一度考えて見てください。たくさんの選択肢をしっかり吟味して、最良の答えを出してもらえたら、と思います。そのお手伝いが出来たら本当に嬉しいですね。

IMG_4308
3年ほど前から事務所のコンクリート部分を剥がして
菜園をしています。
していますというか、母の趣味でいつの間にか畑に(笑)
最初は観葉植物の花壇でしたが、いつからか収穫の出来る
畑に生まれ変わっていました。

母方は5人の女兄弟で、おじいさんは跡取りがないと
嘆いていたところに孫の中で初めて男で生まれたのが私でした。
それからというもの、農業の英才教育?をうけ、小学生の低学年では
キャベツに付くモンシロチョウの芋虫を夜な夜な取りに行ったり、
そのころ新車で購入した稲刈り機をいの一番におしえてくれたり
してくれました。

まあ今では全くやり方覚えてないのですけれど、畑に青々とした葉っぱが茂ると
ウキウキします。うまいんだろうな~と。
もうちょっとパワーアップして時間ができたら野菜のレパートリー増やします!

IMG_4311
父方のほうでも私は孫の中では少ない男の子でした。
滋賀県の日野というところで建具屋をしていました。
京都で修業をしたおじいちゃんは、京都御所にも建具を収めたことがあるそうです。
御所のどれかは102歳で大往生するまではっきりとは聞けませんでした。

そのせいか、解体工事などで古い建具を見つけてしまうと、
頂いて収集してしまいます(笑)もちろんお客様に許可をもらっています。
建具は非常に精巧で、乾燥が均一でないと変形や建てつけがおかしくなります。
つまりいい木でいい仕事がしてあります。
年代やその地域の風習によってもちょっとずつ違うので
非常に面白い発見があります。
こちらも時間ができてくればちょっとずつ整理整頓してみたいなと思っています

いろんなことはやってみないとわからないところがありますね。
是非行動あるのみ。人生一回きり(笑) 

温熱をつき詰めていくといくつかの問題に当たります。
どうしたって!とあきらめるのもいいのですが
何とかして解決したいものです。

断熱を単純に考えていくと、一筆書きになりますね。
どこで一筆にするのか。。。
精いっぱい外側にすることで、中の人だけでなく建物も守れる
そんな答えが出てきます。
最前線で戦うことが求められる外部との境目に
断熱を置くのが一番効果があるのですね

外には誘惑と危険がいっぱい!!
紫外線もあれば雨や風もあります。 
もしかしたら鳥の巣になってしまうかも。
だって断熱材ですから(笑)

こうなったら断熱材も守らなければなりません。
どうやったらそれは守れるのか。。。

シロアリもそうです。
断熱材があるから来るわけではありません。
四方八方から無作為にきて、当たるとグルグル回るか、上に上がります。
その先に木があると、蟻道のホルモンも濃くなって
何度も行き来が行われます。

シロアリは20年以上巣を維持します。
今目の前にいるのは、ほんの少しです。
戦い続けるのは容易ではありません。

一つ一つを注意深く研究して、どういったことが起こり得るのか
シロアリが何を考えているのか。果てしなく考えていきます。

基礎断熱をはじめ、高断熱は自然との共存を目指さないといけないでしょう。
廃棄したあとのリサイクルもそうですね。

こう考えるのは楽しいと思いませんか?
IMG_4164

 

このページのトップヘ